ライフスタイル

お彼岸のお墓参り!台風や雨風を防ぐ方法。お供えやお線香、お参りの注意点

投稿日:

お彼岸のお墓参り!台風や雨風を防ぐ方法。お供えやお線香、お参りの注意点

お彼岸の時期になります。

 

お墓参りの日にちを家族と決めたりと忙しくなります。

 

あれこれ相談しても、お墓参りの当日に雨が降ってきたらどうしよう!

 

そんな時、お墓参りは止めるべきか、行くべきか悩んでしまいますね。

 

雨の日のお墓参りは縁起が悪い。

 

そんなことわざも聞いたことがある。

 

またまた悩みます。

そこで、雨や台風がきた時のお彼岸のお墓参りについてするべきかどうかと、気をつけたいことをご紹介しますね。

 

行くべきか止めるべきか

お彼岸のお墓参りは台風や雨でも大丈夫?

 

お彼岸の時期は、台風がくる時期と重なるので天気が不安定になりがちです。

 

せっかくのお墓参りの日も雨が降ってしまうこともよくあります。

 

もし、雨が降っているなら、お彼岸のお墓参りは止めた方がいいのでしょうか。

 

一般的な回答

 

どちらでも大丈夫。

 

私もお彼岸やお盆などお墓参りの時に雨が降ったことがあります。

 

しかし、台風の時はさすがに行きません。(最近の台風は予測がつきません)

久しぶりに集まった親族でお墓参りに行く。

 

だから、雨だからといって、お墓参りをしてはダメということはありません。

 

雨のお墓参りはよくないという話を聞いたことがあります。

 

そんな噂話を聞くとなんだか気になりますよね。

 

本当のところはどうなのでしょう?

雨や台風になってしまったお彼岸のお参りは良くないって本当?

雨のお彼岸のお墓参りはよくない?

 

雨のお墓参りはよくないという話は、そう信じる人によって、意味合いが違ったりします。

例えば、うちの田舎では、雨の日のお墓参りはじめじめしているので故人の気持ちが移る。

 

なんてわけのわかんない言い伝えがあります 😕 

 

田舎のお墓参りはうっそうとした場所にお墓があるので大人になっても怖くて、お墓参りはすごく慎重になります。

 

神経が過敏になり、なにかでてきそうな錯覚をします。

 

このように、地域によっていわれやしきたりなどがあり、意味合いも違います。

 

しかしながら、一般的には何もないのです。

 

昔ながらの墓地は、手入れを年1回するかしないかです。

 

最近は、流行のお墓清掃業者に頼む事も増えてきました。

昔は土葬だったので、衛生面からの心配もありました。

 

そのため、雨の日のお墓参りは推奨されなかったというのも理由の一つでしょう。

 

また、天気は晴れと雨があり、雨を「けがれ」とする考え方もあるようです。

 

でも、お墓参りにいく本人が雨を気にしないなら大丈夫。

 

ただし、地域のしきたりや親族や身内のやり方がある場合はそれに合わせるように話し合いましょう。

 

なお、雨のお彼岸のお墓参りでは気をつけたい点があります。

 

雨のお彼岸のお墓参りで注意する点

 

雨のお墓参りで注意する点。

 

まずは、霊園内の移動には十分注意すること。

 

お墓の周辺は、狭くなっていたり、歩きにくい場所があります。

 

また、歩く場所に石が敷き詰められていると、雨で滑ることもあります。

 

歩く時は、急がずゆっくり下を見つつ前に進みましょう。

 

お供えもの

 

 

雨が降っている時は、当然「お供えもの」が濡れます。

 

紙製は、あまりお勧めしません。

 

特に必要と感じなければ、雨の日はお供えものは置かないこと。

 

もちろん、お花はもんだいありません。

 

花立の内側をきれいに洗って溢れるほど水でいっぱいにして、お花をお供えしましょう。

 

お花を持ち帰る時は、お墓に置くだけでいいと思います。

 

さて、ろうそくとお線香はどうしたものか?

 

例えば、通常お墓には、ろうそくが濡れないように、ろうそく立てが備え付けられています。

 

そのような場合は、ろうそくを立てても大丈夫だと思います。

 

ろうそく立てがない場合は、たてなくてもOKです。

一方、お線香については、お墓のお線香立ては、むき出しのものが多く見受けられます。

 

その場合は、お線香は火をつけずにお供えするだけでも良いのです。

 

お線香は香りもお供えの一つなのでどうしても焚きたいと思う方がいたら

 

お墓のお線香立て周辺に、傘をさして濡れないようにします。

 

そして、お墓のお線香立てをタオルなどで拭いて水分をきちんと取ります。

 

お線香に火をつけて焚いたら、お墓にお参りしましょう。

 

もちろん、傘はさしたままになります。

 

お参りが終わったら、安全のためお線香を消して持ち帰ります。

 

持ち帰らない場合は、雨で濡れたお線香の残りがお線香立てに残ってしまいます。

 

気にならなければ、そのまま置いていても良いでしょう。

 

まとめ

 

お彼岸のお墓参りは雨でもお参りして大丈夫かどうかとお参りする時の注意点をご紹介しました。

 

雨のお墓参りは縁起が悪いという話も聞きますが、自分がよければ気にする必要はないでしょう。

 

雨の日にお墓参りに行ったら、お参りにきている他の人たちをたくさん見かけます。

 

地域のしきたりや、親族などで決まりがある場合は、それに従ってくださいね。

 

また、最近はお墓参りの代行サービスも増えてます。

 

遠方で余り気にならない方は、代行サービスを使われるのも良いと思います。

気持ちがあれば形が違っても良いのです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
いっちゃんさん

いっちゃん

寂しがり屋のいっちゃんです。 でも、一人でいるのが大好き! 人は好き・・ 動物も大好き! 爬虫類はちょっと・・怖いかも。 お花と話をするのが好き!(^^)! 前世は、ギリシャ神話に出てくる青のアネモネだったかも! なんて、妄想が止まらない、いっちゃんです。 私のブログへも遊びに来てくださいね! 【クリックすると移動します】

-ライフスタイル

Copyright© マニアと非マニアの自己表現 , 2018 All Rights Reserved.