ライフスタイル 情報発信

豆腐が腐ってた?!牛乳も買ったばかりで安心と思い込んだのが間違い。食べても良いか判断するポイント

投稿日:

●●百貨店で賞味期限も1週間ある豆腐を買って帰ってきました。しかし、その豆腐は糸をひいていました  😯 

賞味期限は明後日だから大丈夫!

冷ややっこにして食べよう 😀

パク....「???」

「なんか味おかしくない?」

「えーーーー糸引いてる!! 😯 」

豆腐が腐ってた?!買ったばかりで安心と思い込んだのが間違い。食べても良いか判断するポイント

我が家の冷蔵庫に必ず入っている豆腐

後は飲み物のお茶と牛乳でしょうか。

 

豆腐は、常備食。

 

豆腐は、そのまま食べだり、料理に利用したりと、幅広く使えて何もないとき重宝します。

 

そんな豆腐だからこそ、今はトラウマになり腐っているかが気になるところ。

 

〇〇百貨店の、お豆腐売り場の前を通るとあの味がよみがえる(´;ω;`)ウッ…

 

腐っている豆腐を食べると、すごい下痢になってつらい 😥 

 

だからこそ、普段は豆腐は作りたてを買いすぐ使うようになりました。

 

しかし、豆腐を買って帰ったときに失敗した。

 

それは・・・何だろう?

 

百貨店だからって、信用してはならないってことかしら?!

 

夏場に豆腐を冷蔵庫に入れるのを忘れた!!

これは、糸をひいても自分の責任(>_<)

 

そして、気になるのが他の物は大丈夫かな・・・

 

賞味期限あるだけど

 

そんなときに、手っ取り早く豆腐が食べるかどうかを判断するポイントを紹介します。

腐った豆腐の見分け方

豆腐は腐ったら以下のような変化が出始めます。

  • 酸っぱい臭いがしている
  • パックが膨張する
  • 色が黄色くなっている
  • 糸をひいている
  • 表面がねばついている

 

何日か常温保存してしまった。

 

消費期限を過ぎてしまった。

 

賞味期限を大きく過ぎてしまった、水を変えるのを忘れていた。

  

このような場合は食べる前に上記のような変化がないかどうか確認してください。

 

明らかに腐りかけの状態だとわかったら例え火を通したとしても食べないほうがいいでしょう。

 

豆腐は美味しさの面からみても鮮度が一番ですから買ったらできるだけ早く食べるようにしましょう。

 

牛乳が腐る恐怖!常温未開封で放置したときに飲めるか判断するポイント

その1:牛乳の種類

牛乳とはいっても、殺菌の方法は大きく2種類あります。

 

それは、低温殺菌と高温殺菌。

 

低温殺菌は、最近では、牛乳の売り言葉の1つとなっています。

 

パッケージに大きく、「低温殺菌牛乳」と書かれています。

 

もし、分からないときは、パッケージの原材料名が書かれているところに殺菌方法も記載されています。

低温殺菌牛乳の殺菌方法で多いのが、「65度30分間」です。

 

牛乳に含まれる酵素を殺さないように、低めの温度で殺菌しています。

 

一方、高温殺菌は、ほとんどの牛乳での殺菌方法です。牛乳売り場で圧倒的な数を占めています。

 

手に取る牛乳のほとんどは、この高温殺菌の牛乳でしょうね。

 

この高温殺菌牛乳の殺菌方法で多いのは、

「120度3秒間」

「130度2秒間」

 

この温度を見てわかるように、かなりの高温で殺菌しています。

 

この2種類の殺菌方法は、腐りやすさが違います。腐りやすいのは、圧倒的に「低温殺菌牛乳」

 

高温殺菌牛乳(一般的な牛乳)は、腐りにくくなっています。

 

牛乳が腐る恐怖!常温未開封で放置したときに飲めるか判断するポイント

その2:牛乳の開封・未開封

殺菌方法が2つある牛乳ですが、殺菌後の牛乳が店頭に並んでいます。

 

未開封の牛乳の場合は、牛乳パックの中身が何らの理由で腐ることになります。

 

しかし、一度でも開封してしまうと、牛乳が、外気やコップなどの何かに触れてしまいます。

 

細菌が牛乳に混じる可能性が高まり、腐りやすくなります。

 

牛乳は、未開封のものと開封したものでは、扱いが全く違うことを頭に置いた方がいいですね。

牛乳が腐る恐怖!常温未開封で放置したときに飲めるか判断するポイント
その3:未開封の牛乳を常温に置いた場合

前準備はここまでて、ここからが本題です。

 

未開封の牛乳(高温殺菌牛乳)を常温に放置した場合は腐るのか?

 

それは、常温の温度にもよります。

 

しかし、夏の暑い日以外ならば、半日や1日は大丈夫です。

 

そうでないと、買い物で牛乳を買えないですよね。

 

自転車で買い物に行き、たまに牛乳を冷蔵庫に入れ忘れますが、未開封の牛乳で腐った経験はありません。

 

未開封の牛乳なら、ちょっとやそっとでは腐らない印象があります。

 

牛乳メーカーとしても、そんな簡単に腐ってしまうと、管理にも困るような気がしますしね。

 

未開封とはいえ常温に放置してしまったら、腐っているんじゃないかと心配になります。

 

牛乳は腐っているかどうかを見分けるのがとっても簡単なのです。

 

その見分け方とは

 

牛乳が、名前からして美味しそうじゃない!

 

冗談ぬきで、腐った牛乳は色が黄みがかったり、臭いが酸っぱく感じたり、固まってたり、どろっとしてます。

いつもの美味しい牛乳と同じには見えない・感じられません。

 

腐りかけた牛乳を飲んだこともありますが、牛乳らしい美味しさは感じません。

 

美味しくない牛乳は飲みたくないですよね。

 

何だかいつもの牛乳とは違うな・・・。

 

美味しくない!

 

自分の体調がおかしいか...腐っている可能性があります。

 

処分するのは抵抗がありますが、思い切って処分しましょう。

 

食中毒になってからでは遅い 🙁 

 

悲惨な思いをします。

冷蔵庫に入れたからと言って、安心しないこと。

 

賞味期限があるからと思っても、生ものです。

 

確かめて調理することお勧めします。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
いっちゃんさん

いっちゃん

寂しがり屋のいっちゃんです。 でも、一人でいるのが大好き! 人は好き・・ 動物も大好き! 爬虫類はちょっと・・怖いかも。 お花と話をするのが好き!(^^)! 前世は、ギリシャ神話に出てくる青のアネモネだったかも! なんて、妄想が止まらない、いっちゃんです。 私のブログへも遊びに来てくださいね! 【クリックすると移動します】

-ライフスタイル, 情報発信

Copyright© マニアと非マニアの自己表現 , 2018 All Rights Reserved.