情報発信

SEO対策をするのに見出しタグを付けないという選択肢がみつからない

投稿日:

見出しタグの使い方 SEO効果を上がる方法

gppgleのアップデートにより、サイトアフィリでの記事作成に
以前よりも重要となったコンテンツ

検索ロボも見出し(タグ)があるかは、しっかりとチェックしています。
見出しタグがあることで

「私の記事はしっかりまとめられていて
 読者にも読みやすいように作成してますよ!」と

アピールすることもできる。

ほんとのところタグがあれば見やすいのは見やすい!

それならば、見出し(タグ)は利用しないという選択肢はない。

 

見出しタグの順番

見出しタグは以下のような順番になっています

  • h1 大見出し
  • h2 中見出し
  • h3 小見出し
  • h4 小々見出し 
  • h5 小々々見出し

という順番となっていて、アンド塾ブログの場合は
h1 サイトタイトル
h2 記事タイトル

となっていので、記事作成時はh3〜h5までを使っていく。

ここで見出しタグの使う上で守らなくてはいけないのが「順番」

キレイにh3⇒h4⇒h5と並ぶのがベスト

あとは

<h3⇒h3⇒h4>と同じ番号が並ぶのはOK!

<h3⇒h5⇒h4>と順番が逆になったり、中抜けしてしまうのはNG!

 

さらに見出しタグを使ってSEO対策を行う

検索ロボは見出しはチェックしてますので、タイトルはもちろん

見出しにもキーワードを入れたほうがSEO対策になる情報がある。

  • h2<タイトル:たまねぎ健康法について>
  • h3たまねぎ健康法のメリット?
  • h4たまねぎ健康法のやり方!
  • h5たまねぎ健康法の評判は?
  • h5たまねぎ健康法は最高!

というような形ってよく見るでしょ?
こうやって見出しにもキーワードを盛り込むと
コンテンツとしても充実しますので、ぜひ活用しましょう!

The following two tabs change content below.
アンド塾のリーダー、アンドこと安藤龍・ 長崎でアフィリエイトに挑戦する2児の父親です。 iBSAと出会い、目標達成、着実に夢実現へ! iBSAチャット大会では、Skype版のファシリテーターを担当。 あなたも塾で一緒に夢実現を目指しませんか?

最近のコメント

最近のコメント

-情報発信
-,

Copyright© 脱初心者フォロー アンド塾 公式ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.