お金 ライフスタイル 情報発信

65才になって慌てない難解な日本の年金制度をわかりやすく説明

投稿日:2018年1月31日 更新日:

仕事帰りにポストを確認することが習慣の私。

 

DMや、いろんな広告などの間に年金機構からの封書が届いていました。

あて名は、私宛・・・?

 

主人が昨年から、年金を受給が始まりました。

 

しかし、私が年金を受給するには後数年はあります。

 

何の手紙だろうか?

 

不思議な気持ちで封を開けました。

え・・・

な・なんて!?

 

年金を、私が支払いをしていないとの連絡の手紙でした。

 

私は、3号で主人の扶養になっているはず。

 

主人は、まだ働いていて社会保険を支払っている。

 

なぜ??

 

私に、支払い届け出書が届いたのは手違いでないのか。

 

よくよく、読むと主人が年金を受給し始めたため扶養から自動的に外れたらしい。

 

このことを、知っている人、日本中でどれくらいいるのだろうか。

 

実際に、私と同じ経験をした人はわかっているのでしょうが、納得はしてないと思います。

 

なぜなら、扶養控除申告書を提出しています。

 

何故、国民年金を支払うのか不明でも言われるがまま支払いをしている人も多いと思います。

 

私のように、パート勤め主婦は収入が少ない。

 

旦那の年金も正直月計算にすると7万ほど。

 

まだ、働いているので何とか生活ができている。

 

しかし、突然あなたは扶養から外れて60歳まで国民年金を支払いなさいと言われても意味不明です。

 

当然、年金機構には連絡しました。

 

仮に私が歳上ならどうなるのですか?

 

仮定話は、貴女にはかんけいないでしょう!

 

相手に、されず(泣)

65才になって初めて知った年金の仕組み

厚生年金と国民年金の違いからその仕組みを解説しますね。

1、国民年金

日本に住む20歳以上60歳未満のすべての人が加入する制度で、「基礎年金」とも呼ばれています。基礎年金はあらゆる人に共通の年金です。

2、厚生年金

会社員やOLなど、民間の会社で働いている人が加入している制度です。

3、共済組合(年金)

国家公務員、地方公務員、私立学校教職員の方たちが加入する制度です。

この制度は、なんとなく頭にあるとおもいます。

 

 

65才からご主人が年金を貰ったら妻は、1号に該当する

会社勤めしている人と、給与が発生し20歳になると、年金制度に加入し、保険料を納付しなければなりません。

なんと、残酷な制度だろう!

 

しかし、給与から天引きされるサラリーマンさんや、OLさんには、取られた感はないかもね。

 

ほとんどの人は、「国民年金」、「国民年金と厚生年金」のどちらかに加入しています。

 

「いつまで高額な年金保険料を納付し続けないといけないか?」と疑問に思う人多いはず!

 

一般的に、国民年金保険料と厚生年金保険料をいつからいつまで払わなければならないのかについて、分かりやすく説明しますね。 

 

理解していただけたら幸いです。

 

各自の被保険者期間は違うので、しっかり理解してね。

 

  • 第1号被保険者
 自営業者、学生、無職の方などが加入する国民年金だけの加入者 
保険料は月額16490円(H29年度) 
20歳以上60歳未満
● 第2号被保険者
サラリーマン・OL・公務員など
厚生年金・共済年金の加入者 
保険料は給与額により決まる 
70歳未満
半分は、会社が負担します。
 
  •  第3号被保険者
 サラリーマンや公務員の妻など
第2号被保険者の被扶養配偶者 
保険料の負担なし 
20歳以上60歳未満

65才になったご主人がいる方必見

第3号被保険者の制度が始まったのはいつ?

 

サラリーマンや公務員の妻などが保険料の負担なしで国民年金に加入できる、いわゆる「第3号被保険者制度」が始まったのは、昭和61年4月1日から始まりました。

 

それ以前(昭和61年3月まで)は、第3号被保険者という制度はなく、国民年金の任意加入の対象でした。

 

サラリーマンや公務員の妻などで、任意加入せずに保険料を納めていなかった場合は、その分年金額が減額されることになり、満額の老齢基礎年金を受け取ることができません。

 

これが、納得できず意味が未だにわかりません。

 

ただし、昭和36年4月から昭和61年3月までの間のサラリーマン、公務員の妻(20歳から60歳までの期間に限る)であった期間は「合算対象期間(いわゆるカラ期間)」として、年金を受給するために必要な期間(25年)に加えられることになります。

 

少し、収める期間が短くなった?

65才公的年金のしくみとは

日本の公的年金は、日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての人が加入する「国民年金(基礎年金)」と、会社などに勤務している人が加入する「厚生年金」の2階建てになっているようです。

 

 

                       http://www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/structure/structure03.html抜粋

結婚関係を、続けてるあなた…

旦那さんより、年上の貴女!

この仕組みどう思いますか?

付くづく、旦那さん65歳私旦那さんより1ヶ月早く60歳

理想は、これしかない。

 

諦めてますが、理解できないのは私だけかしら!

65才公的年金の落とし穴知らないままですまない現実

私の知り合いでご主人が亡くなり遺族年金をもらうようになりました。

しかし、彼女もやはり遺族年金は出しますが60才までの1号年金を支払うように言われ5年分まとめて支払ったようです。

 

日本の、年金制度未だに理解不明だけど・・・

義務は、義務で支払うべき何でしょうね。

旦那さんと、歳が離れていると損をするでした!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
いっちゃんさん

いっちゃん

寂しがり屋のいっちゃんです。 でも、一人でいるのが大好き! 人は好き・・ 動物も大好き! 爬虫類はちょっと・・怖いかも。 お花と話をするのが好き!(^^)! 前世は、ギリシャ神話に出てくる青のアネモネだったかも! なんて、妄想が止まらない、いっちゃんです。 私のブログへも遊びに来てくださいね! 【クリックすると移動します】

-お金, ライフスタイル, 情報発信

Copyright© マニアと非マニアの自己表現 , 2018 All Rights Reserved.