情報発信

金継ぎ(きんつき)は、陶器を修理や修復することができるキット!

投稿日:2018年2月24日 更新日:

このマグカップ探し探してようやく見つけたお気に入りのマグカップだった・・・

マグカップが欠けた!接着剤で修理や修復することはできる?

大好きな紅茶にはなくてはならないもの。

 

ほっこりする時間に、ほんのりと彩を添えてくれるマグカップは、私の必須アイテムでもあります。

最近では、100均のダイソーなので、マグカップを安価で買うことできます。

 

しかし、手元にあるマグカップは、プレゼントにもらっていて代わりがないようなもの。

 

そんなマグカップがかけてしまったら・・・ 🙄 

何とかしたい!

金継ぎ(きんつき)を、探しました!

金継ぎ(きんつき)ってなに?

 

内緒で捨てたいけど・・ばれたとき嫌な思いするのは嫌 😥 

 

 

こんな感じで、お気に入りのコップやカップが割れてショックなのは、みんな同じですよね?

 

私も主人と一緒に作ったグラスを割ってしまったことが・・・。

 

そのときに、割れたり、欠けたりしたグラスを修理か、できれば修復する方法がないか探し回ったときに見つけたことを紹介します。

 

 

マグカップが欠けた(T_T)

 

割れた!

 

接着剤修理修復することはできる?

マグカップが欠けた!その1:修理と修復

 

修理と修復は、日常では使う機会はあまりないので、意味の違いが分かりにくい。

 

この違いを把握するだけで、割れたマグカップを直す方法をネットで探しやすくなります。

 

 

修理と修復のそれぞれの意味をご紹介します。

 

まず、「マグカップを修理する」は、マグカップが欠けたり、割れたことで、お湯を注ぎ飲めない、それができるようにすること。

 

 

つまり、マグカップの役割である、「飲み物を飲む」ことができるように直すことです。

 

マグカップを割れていない状態に戻すわけではないのですね。

 

一方、「マグカップを修復する」は、マグカップが欠けたり、割れたりした部分を元通りの状態と同じように直すことです。

 

つまり、マグカップを元の状態に戻すこと。

 

まとめると、修理は、マグカップの機能を使えるように直すこと、

 

修復は、マグカップを元の状態に戻すことになります。

 

こう考えると、修理するより、買う方がはるかに簡単に感じます。

 

 

マグカップが欠けた!その2:接着剤で修理

 

マグカップが欠けたり、割れたとき、思い浮かぶのは・・・

 

接着剤。

 

安易に考えた私は、マグカップの持ち手を瞬間接着剤でくっつけようとして失敗した経験があります。

 

マグカップを接着剤で接着できるかを調べまくりました。

その結果・・・

 

無理かも。

 

期待させてたら申し訳ありません。

 

マグカップは陶器でできています。

 

実は割れた陶器を接着できる接着剤はあります。

 

しかし、問題はマグカップの用途。

 

飲み物を飲むのに使います。

 

つまり、マグカップは、人間の口に入る飲料に使います。

 

気軽に手に入る接着剤で、食品衛生法を満たしたものはないようなのです。

 

接着剤の大手メーカーである、セメダインでさえ・・・古いかな?

 

食品や飲料水に触れる食器を補修するには、自社製品はおすすめしない!

 

と発表しています。

 

マグカップの修復どころか修理も難しいようです。

 

接着剤を使う側としても、使った後で体に害があると言われても困りますし・・・。

 

では、欠けたり、割れたりしたマグカップを修復や修理する方法は、全くないのでしょうか?

 

 

マグカップが欠けた!その3:日本が誇る職人技

 

欠けたマグカップを修理する伝統ある職人技。

 

金継ぎ(きんつぎ)

 

その方法をざっくりと紹介。

 

まず、マグカップの欠けた部分は、パテかペーストで埋めておきます。

 

破片は捨てずに保存しておいた方がいいですね。

 

次に、マグカップの割れたり欠けたりした部分に、接着剤の役割をする漆を塗ります。

 

その継ぎ目の漆に、金粉を蒔きます。

 

これで完成。

 

方法で分かると思いますが、欠けたり、割れたりした部分は、金色になります。

 

この金色の筋が、お茶碗に違った深みを与えてくれる・・・と思います。

 

 

 

初心者向けに、金継初心者セットが東急ハンズで販売されています。

 

もちろん、職人に依頼する方法もありますが、かなり高額になるようです。

 

マグカップが欠けた!その4:まとめ

 

欠けたり割れたりしたマグカップを修理や修復できるかどうかについてお伝えしました。

 

結果、接着剤で修理することは、マグカップに飲み物を入れる以上、お勧めできません。


別の用途に使うことはおすすめです。

 

修理する方法として、金継ぎ(きんつき)を紹介しました。

 

東急ハンズで金継ぎキットが販売されているので、それを使えばできます。

しかし、接着剤を使うような軽い感じではできません。

 

 

まとまった時間を作ってなら、手芸や工芸好きならできそうな感触です。

 

やっぱり、マグカップを割らないのが一番ですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
いっちゃんさん

いっちゃん

寂しがり屋のいっちゃんです。
でも、一人でいるのが大好き!

人は好き・・
動物も大好き!

爬虫類はちょっと・・怖いかも。

お花と話をするのが好き!(^^)!
前世は、ギリシャ神話に出てくる青のアネモネだったかも!
なんて、妄想が止まらない、いっちゃんです。

私のブログへも遊びに来てくださいね!
【クリックすると移動します】

-情報発信

Copyright© マニアと非マニアの自己表現 , 2018 All Rights Reserved.