HTTP ERROR 500(エラー500)でWordPressの投稿ができない問題の解決方法

投稿日:

投稿できないのは生活に直結する問題だから解決したい

 

どうも、アンドです。

 

WordPressを使っていると、いろんな問題がひっきりなしに起きることがありますよね。

 

今回は、そんな問題の解決方法についてお伝えします。

 

HTTPエラー500はよくある問題

 

WordPressを使っていると、どんな問題が起きようとも、それでもgoogleさんからはWordPress使用を推奨しているので、使わざるをえない・・・

 

せっかく立ち上げたWordPressのサイトから問題が起きたからといって、

あぁ〜やっぱり俺にはWordPressはできないんだ!」と、無料ブログになんて愚の骨頂。

 

それであれば、自力で解決するしかありません。

 

 

それでは、今回の「HTTP エラー500」は、よく起きる問題の1つなので、チェックしながら1つひとつ解決していきましょう。

 

 

 

HTTP エラー500の問題発生

 

せっかく作った記事なのに【公開】を押したとたん、下記の画面がでてきて、記事がアップできない・・・

 

 

こんな画面がでてきたら、ショックとしか言いようがないですよね。

 

 

だって、ブログで稼ぎたいブログアフィリエイターにとっは死活問題!!

 

 

稼ぐために書いた記事が公開されない・・・

言ってしまえば一大事です。稼ぎや生活に直結しますからね。

 

 

では、最初に記事を更新した時に同じタイミングで出てきた

HTTP REEOR 500

 

HTTP REEOR 500の解決方法

このHTTP REEOR 500のよくある原因の1つにプラグインとの不具合があります。

 

プラグインの不具合というと、新しいプラグインを入れる、または入れていたプラグインの更新です。

 

プラグインの不具合というと、プラグイン自体が悪いように思いがちですが、Wordpressにはいろんなテーマがあるので、プラグインを入れたり、更新したとしても、このHTTPエラー500になるものもあれば、ならないものもあります。

 

ようは互換性の問題です。

 

 

HTTP REEOR 500の時は、一旦プラグインを全停止

 

最近、入れたり更新したりしたプラグインがはっきりわかっていればいいんですが、

どのプラグインかわからない時には、プラグインを全部停止させてみましょう。

 

 

全停止させたあとで、4〜5つくらいプラグインを有効化をしていきます。

 

 

それでもう一度、記事を更新してみます・・・・

 

それでもダメなら、またプラグインを4〜5つ有効化し、また公開を押す。

 

この繰り返しを行って、公開がスムーズにできたら、その時に有効にしたプラグインが原因となったプラグインです。

 

そのプラグインは、しばらく停止しておくか、削除しちゃいましょう。

 

効果的なプラグインだったら、削除するよりも、また更新するかもしれないので、その時に改めて有効化して様子をみましょう。

 

 

 

HTTP REEOR 500の解決方法についてのまとめ

 

今回のHTTPエラー500の原因となるプラグイン探しは、ちょっと回りくどい方法かもしれませんが、Wordpressの中身をいじったり、PHPやらHTTPを書き換えるよりは、よっぽど失敗も少なく、確実です。

 

 

プラグインの1つや2つ無くなったとしても、そんなに影響はないでしょう。

 

 

ブログアフィリエイトにとっては、記事(コンテンツ)こそが重要ですので、今回のようにHTTPエラー500で記事がアップできないことのほうが、問題は重大です。

 

 

もし、記事公開時にHTTPエラー500がでた場合は、今回のようにプラグインをチェックしてみてくださいね。

 

WordPressでブログをやっていると、どうしても問題はおきますので、教本を1つくらい持っていると非常に助かりますよ。

 

実は私も持ってます(笑)

 

 

では、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ガジェット
-, ,

Copyright© マニアと非マニアの自己表現 , 2018 All Rights Reserved.